大豆から頂く素晴らしい成分|イソフラボンで女性は健康

ウーマン

不定愁訴に対処するには

漢方

医薬品の飲み合わせに注意

更年期と呼ばれる45歳から55歳くらいの年齢になると、更年期障害をわずらう女性が多くなります。頭が痛くなったり、のぼせたり、顔がほてったりするのが最もよく見られる症状です。このような症状は不定愁訴とも呼ばれています。不定愁訴の特徴は、複数の症状が重なって現れやすいということです。更年期障害は、またの名を更年期不定愁訴症候群ともいう病気です。それだけいろいろな不定愁訴が一度に出やすいということですが、そういう場合に西洋医学の薬品を自分で飲み合わせて治そうとするのは危険もあるので避けなければなりません。たとえば頭が痛いから頭痛薬を飲み、気分が落ち込むから鎮静剤を飲み、便秘だから下剤を飲むというようなことを同時に行うと副作用のリスクが高まるので、それよりも漢方薬で治すのが安全です。

気・血・水という観点

西洋医学では、頭痛や腹痛・のぼせ・動悸などの症状が一度に出た場合、個別の症状に合わせて薬が処方されることが多くなっています。自分で飲み合わせるのでなく医師に処方してもらうのであればもちろん安全な組み合わせで処方してもらえますが、できればあまり何種類もの薬を飲みたくないと考える女性も多いことでしょう。漢方では、複数の症状もおおもとはひとつであると考えます。漢方医学の考え方では気・血・水を中心として病気をとらえるので、滞っているのが気か、血か、水かによって調合する生薬を組み合わせるのです。たとえば動悸やのぼせなら気に問題が生じており、頭痛や不眠なら血に問題が生じているといった具合です。このように考えて適切な生薬を組み合わせてひとつの漢方薬が完成するので、1種類の漢方薬でも更年期の症状を改善することが可能です。